2014年04月06日

哲学者 タモリ

笑っていいともが、ついに、終わってしまいました。

私、リアルタイムでは見ていませんでしたので、
今更ながらなのですが、YouTubeに上がっている動画をところどころ拝見させていただきました。

タモリさんという人は、言わずと知れた有名な芸人さんですが、私は以前から、非常にサイレントな哲学者だと思っています。

どのようにしたら、人生を幸福に生きられるのかを、絶望の淵に落ちた視点で見てる人。
もちろん、その絶望感をテレビやメディアにだしたことはありません。

樋口毅宏さんが、「タモリ論」の中で彼を「絶望大王」と表現していますが、共感します。

これからは敬称略で記述しますが、世の中を無難に生きていくには、無関心を貫くのがいちぱんと、おおかた、考えているのではないだろうかと思うのです。

(この「おおかた」が微妙なのですが。。)

だれもが、「タモリさんに怒られたことがない」、だから「タモリさんは、いい人」と言っていますが、それはタモリの本質から外れているような気がします。
彼はただ、関心がないだけなのです。
誰かが遅刻しようが、無礼な振る舞いをしようが、礼儀作法がなかろうが、タモリにとってはどうでもいいことなのです。
香取慎吾が感謝の言葉のなかで、自分は電話番号とか教えるタイプではなかったから、
「タモリさんに電話してる中居くんや、つよぽん(草g剛)くんが羨ましかった。」
思春期の頃から芸能界で活躍していた人です。心底つらいことや苦しいことはあったでしょう。
そんな中でも「笑っていなければ行けないのがつらいときもあって」でも、番組終了後はは笑っていた。
おそらく、タモリには初耳だったと思います。
そんな気持ちを、涙を堪えきれずに吐露したあとに、
「タモリさん、これからも辛かったり苦しかったりすることがあっても、、笑っててもいいかな」
という問いに、タモリが入れた、
「いいとも!」
というという「間」。

この演出のなにもない「間」は、テレビ放送開始以来、最高といってもいいくらいでした。

おそらく、コンマ一秒前後してたとしても成り立たないくらいの芸術だと思います。
居合いの名人と言われるタモリならではの切り口でございます。みごとでした。

一般の人が、タモリの絶望の縁にたどり着けるかどうかはわかりません。

今後も、おおかた無関心のままでかまいません。
しかし、残り数パーセントを振り絞り、居合い切りで世の中を切り捨ててほしいです。

絶望を感じつつある、いちファンとして。


posted by Kay at 21:56| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

モーガン・フリーマン - プレシャス・ワーズ

1937年、メンフィスに生まれた俳優モーガン・フリーマン。ハイスクール卒業後、ロサンゼルスの短大で事務員として働きながら演劇を学び、兵役を経てサンフランシスコのミュージカル劇団に入団します。その後ニューヨークに渡ってからは、ブロードウェイのステージに立ち、映画にも進出。「NYストリート・スマート」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされてからは、「ドライビングMissデイジー」「許されざる者」「ショーシャンクの空に」といった名作に次々と出演、そして2005年、クリント・イーストウッド監督と組んだ「ミリオンダラー・ベイビー」で4度目のノミネートにして遂にアカデミー賞助演男優賞を受賞。その後も「最高の人生の見つけ方」や「ダークナイト」など数々の話題作に出演しています。

そんなモーガン・フリーマンのプレシャスワーズ。

" とにかく諦めずに続けること。
  走らなければレースに勝てないのと同じことだ。 "


               Morgan Freeman

どんなに壁が立ちはだかり苦しい時期が続いたとしても、そこで諦めて立ち止まってしまってはゴール出来ない。やり続けてさえいれば、それは必ずどこかに繋がっていくものなのかもしれない。下積み時代を経て、今や実力派国際俳優として、映画界になくてはならない存在となったモーガン・フリーマンのこの言葉には、勇気付けられるのではないでしょうか。」

いったん自分で決めたら、リタイアせずに走り続ける。でなければレースを終えることはできないという、単純なことが、いかに大変かということを教えてくれている。
社会に認められるためには、当たり前のことをやらなければいけないということをモーガン・フリーマンが教えてくれている。ちなみにバブル真っ只中で公開された映画「虚栄のかがり火」で裁判官を、若かりし、モーガン・フリーマンが演じているます。久しぶりに見たのですが、彼に直に説教されたいと、心から思ってしまいました。

j-wave i am より
posted by Kay at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

曇り空


" 曇り空
    マクドナルドに
         桜咲く "



写真-11.JPG


posted by Kay at 08:14| Comment(0) | エッセイ・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。