2014年11月08日

福山雅治 meets 種田山頭火


ブログで「種田山頭火」を取り上げたら、偶然にもJ-WAVE日曜朝の番組、「WONDER VISION」のラジオCM(ダンロップ)から。。。

福山雅治のミスマッチが可笑しい。しかも、真面目にやってるし。

調子にのってイメージビデオにしてみた。

続きを読む
posted by Kay at 10:58| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

スカパー 映画チャンネル CM - 妻編


うるるる(涙)、でけた。

TOKYO FM で、日曜午後15:30からやっている、

「スカパー!日曜シネマテーク」

一年以上前に流していた、スカパーラジオCM。

ホロっとくるんでお気に入りだったのですが。

お父さん編に続いて、第2弾「妻編」を取り上げて、
オリジナルの音声に映像にを付けてみました。

前回のお父さん編から苦節1年半。

涙ちょちょぎれものです。

世のお父様方、これを聴いて水入らずでドライブにでも出かけて下さい。
続きを読む
posted by Kay at 23:51| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

哲学者 タモリ

笑っていいともが、ついに、終わってしまいました。

私、リアルタイムでは見ていませんでしたので、
今更ながらなのですが、YouTubeに上がっている動画をところどころ拝見させていただきました。

タモリさんという人は、言わずと知れた有名な芸人さんですが、私は以前から、非常にサイレントな哲学者だと思っています。

どのようにしたら、人生を幸福に生きられるのかを、絶望の淵に落ちた視点で見てる人。
もちろん、その絶望感をテレビやメディアにだしたことはありません。

樋口毅宏さんが、「タモリ論」の中で彼を「絶望大王」と表現していますが、共感します。

これからは敬称略で記述しますが、世の中を無難に生きていくには、無関心を貫くのがいちぱんと、おおかた、考えているのではないだろうかと思うのです。

(この「おおかた」が微妙なのですが。。)

だれもが、「タモリさんに怒られたことがない」、だから「タモリさんは、いい人」と言っていますが、それはタモリの本質から外れているような気がします。
彼はただ、関心がないだけなのです。
誰かが遅刻しようが、無礼な振る舞いをしようが、礼儀作法がなかろうが、タモリにとってはどうでもいいことなのです。
香取慎吾が感謝の言葉のなかで、自分は電話番号とか教えるタイプではなかったから、
「タモリさんに電話してる中居くんや、つよぽん(草g剛)くんが羨ましかった。」
思春期の頃から芸能界で活躍していた人です。心底つらいことや苦しいことはあったでしょう。
そんな中でも「笑っていなければ行けないのがつらいときもあって」でも、番組終了後はは笑っていた。
おそらく、タモリには初耳だったと思います。
そんな気持ちを、涙を堪えきれずに吐露したあとに、
「タモリさん、これからも辛かったり苦しかったりすることがあっても、、笑っててもいいかな」
という問いに、タモリが入れた、
「いいとも!」
というという「間」。

この演出のなにもない「間」は、テレビ放送開始以来、最高といってもいいくらいでした。

おそらく、コンマ一秒前後してたとしても成り立たないくらいの芸術だと思います。
居合いの名人と言われるタモリならではの切り口でございます。みごとでした。

一般の人が、タモリの絶望の縁にたどり着けるかどうかはわかりません。

今後も、おおかた無関心のままでかまいません。
しかし、残り数パーセントを振り絞り、居合い切りで世の中を切り捨ててほしいです。

絶望を感じつつある、いちファンとして。


posted by Kay at 21:56| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。