2014年04月08日

バグダッド・カフェ - 映画の記憶



挿入歌「コーリング・ユー」があまりにも有名な映画、バグダッド・カフェの、ディレクターズ・カット版。

ラスベガスまで240キロの街、バグダッドのガソリンスタンド、兼モーテル、兼カフェが舞台の物語。
街といっても砂漠の真ん中で、ここしかない。長距離トラックの運転手さんが常連なだけで、モーテルの泊まり客はほとんどいない。掃除も行き届かない、荒野の寂れた雰囲気を醸し出している。
経営者の女主人ブレンダは、常にイライラし、夫に子供、客にまであたり散らしている。

そんなところに、ドイツ人女性のジャスミンが現れるところからストーリーは始まる。
ジャスミンは、その直前、夫婦でアメリカに旅行してたはずなのだが、夫と大げんかして別れたばかりである。

一言で言うと太ったおばさんのジャスミンだが、とにかく可愛らしい。
ストレス満載のブレンダは、長期に滞在しそうな様子のジャスミンに不安感丸出しで、怒りをぶつけるのだが、徐々に心をゆるしていく。

大きなドマラもなく、淡々と進むストーリーなのだが、場面場面に何か心に残るものがある。

そんな場面をいくつか紹介したい。

ジャスミンは自己紹介の時、気の置けないと感じる人たちには「ムンシュテトナー」とかたくなにいいはるのに対して、ブレンダの娘フィリスのように無邪気でイノセントな人には「ジャスミン」と名乗っている。

ジャスミンの部屋にあった男物のひげ剃りやズボン、これを見てブレンダはジャスミンを怪しげだと思うのだが、ひげ剃り道具とか何を意味していたのか、ジャスミンな何に使っているのか、DVDを視終わった後も理解できず謎だった。だいぶあとになり、あれは別れた夫の鞄と間違えたものだとわかって、納得した。後に重要な役割を果たすことになる「手品・セット」も夫の持ち物だったわけね。

ブレンダの留守中に、よかれと思いオフィスの大掃除を始めたジャスミン。奇麗になった結果をみたブレンダは猟銃を持ち出すほどの怒りの頂点。元に戻せと命令するが、いざ戻そうとすると「しょうがないな」といいたげにやめさせる。その後はフィリスが帰ってきて靴のまま足をデスクにあげると「汚すな!」。常連客に「模様替えした?」と聞かれれば「いいでしょ」とご機嫌。

遠くから双眼鏡で「おお、ブレンダ」とつぶやきながら様子を見るブレンダの夫。喧嘩して自ら出て行ったのだが、気になってしょうがない。

ルディ・コックスの絵のモデルになったとき、「マジック」と言って乳房をみせる。

ピアノが大好きな、息子サロモが弾くバッハのプレリュード。「ドイツから来た」と言ったジャスミンに「やっぱり」とピアノの前に飾ってある肖像画を見る。「やっぱり」は戸田奈津子さんの訳。実際は”I knew it"、とっても戸田さんらしい。

保安官のアーニー、ブレンダがジャスミンを怪しげな人間が来たと通報するのだが、ビザもパスポートも問題無しと退ける。ブレンダとジャスミンが打ち解けて、手品でカフェが繁盛したときには「不法滞在行為」としてジャスミンをドイツに帰す。純公務員的な立ち回りで、行動がブレンダの思いとは真逆なことしかしていない。

刺青彫り師の女性デビー、ジャスミンがくる前からモーテルに長期滞在していた。ジャスミンが来たおかげでカフェを含めて賑やかで、暖かい雰囲気になったところで出て行った。
都会的なデビーにとって、当初のカリカリしたデビーと殺伐とした店内、刺青以外は自分とあまり関わらない距離感が居心地よかったのであろう。ある意味ジャスミンと対局にある人。

バックパッカーのエリックが投げるブーメランのシーンが何箇所か出てくる。ブーメランはジャスミンが戻ってくる事を示唆していたのかもしれない。

いま起きていることに間違いはない、というのか、心ある行動は決して無駄にはならないとでも言おうか。
シンプルで、(失礼な言い方かもしれないが、心かの賞賛の意味を込めて)お金もかけていない映画だが、とても心に残る、アメリカ版「寺内貫太郎一家」のような作品でした。

それにしても、「コーリング・ユー」と「プレリュード」がとってもマッチしていました。
間違いなく好きです。




posted by Kay at 22:52| Comment(1) | 映画の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

哲学者 タモリ

笑っていいともが、ついに、終わってしまいました。

私、リアルタイムでは見ていませんでしたので、
今更ながらなのですが、YouTubeに上がっている動画をところどころ拝見させていただきました。

タモリさんという人は、言わずと知れた有名な芸人さんですが、私は以前から、非常にサイレントな哲学者だと思っています。

どのようにしたら、人生を幸福に生きられるのかを、絶望の淵に落ちた視点で見てる人。
もちろん、その絶望感をテレビやメディアにだしたことはありません。

樋口毅宏さんが、「タモリ論」の中で彼を「絶望大王」と表現していますが、共感します。

これからは敬称略で記述しますが、世の中を無難に生きていくには、無関心を貫くのがいちぱんと、おおかた、考えているのではないだろうかと思うのです。

(この「おおかた」が微妙なのですが。。)

だれもが、「タモリさんに怒られたことがない」、だから「タモリさんは、いい人」と言っていますが、それはタモリの本質から外れているような気がします。
彼はただ、関心がないだけなのです。
誰かが遅刻しようが、無礼な振る舞いをしようが、礼儀作法がなかろうが、タモリにとってはどうでもいいことなのです。
香取慎吾が感謝の言葉のなかで、自分は電話番号とか教えるタイプではなかったから、
「タモリさんに電話してる中居くんや、つよぽん(草g剛)くんが羨ましかった。」
思春期の頃から芸能界で活躍していた人です。心底つらいことや苦しいことはあったでしょう。
そんな中でも「笑っていなければ行けないのがつらいときもあって」でも、番組終了後はは笑っていた。
おそらく、タモリには初耳だったと思います。
そんな気持ちを、涙を堪えきれずに吐露したあとに、
「タモリさん、これからも辛かったり苦しかったりすることがあっても、、笑っててもいいかな」
という問いに、タモリが入れた、
「いいとも!」
というという「間」。

この演出のなにもない「間」は、テレビ放送開始以来、最高といってもいいくらいでした。

おそらく、コンマ一秒前後してたとしても成り立たないくらいの芸術だと思います。
居合いの名人と言われるタモリならではの切り口でございます。みごとでした。

一般の人が、タモリの絶望の縁にたどり着けるかどうかはわかりません。

今後も、おおかた無関心のままでかまいません。
しかし、残り数パーセントを振り絞り、居合い切りで世の中を切り捨ててほしいです。

絶望を感じつつある、いちファンとして。


posted by Kay at 21:56| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。